たまごへのこだわり


たまごへのこだわり 株式会社アマダ東京

アマダ東京がこだわり続けるたまご

たいせつな約束。
みなさんの「いつも安心して、おいしい卵を食べたい」という期待に応え続けること。
おいしくて安心できる卵を作りたいという願いは、
一貫生産体制というシステムを生み出しました。

良い卵は、あたたかい気持ちから生まれます。
わが子のような気持ちでヒナを見守っている健康でいてほしいと願い、ワクチンを与える
生まれたてのたまごをひとつひとつ丁寧に扱う卵を大切に店頭まで送り届ける

たくさんのスタッフの気持ちが
一貫生産体制というシステムを支えています。

「いつも“あんしん”してもらえる卵を」
「みんなに“おいしい”といってもらえる卵を」

元気なヒナから

最新の設備と細心のおもいやりが、やがて良いたまごになります。



最新の設備によってヒナが快適に過ごせるような良い環境を作っています。

しかし、本当に大切なことはヒナを育てるスタッフの一人ひとりが
ヒナに対して、思いやりを持って接することです。

こうしてスタッフのやさしさと弊社オリジナルのエサで育ったヒナは、
やがて安全でおいしいたまごを産んでくれます。

元気なヒナから

大切な5週間を安全に過ごせるように

ヒナが生まれてからの5週間は非常にデリケートな期間になります

そこで大切な5週間を過ごすためだけの鶏舎も造りました。

元気なヒナから

美味しいたまごを産んでくれるヒナに育つよう、
わずか5週間ですが、この5週間をいかに重要に考えて、
ヒナが過ごせる期間になるかが、おいしいたまごにつながっていきます。

季節や成長に合わせてオリジナルの飼料を用意


厳選した天然由来の原料を吟味して飼料として用いています。

また、季節や鶏の成長段階、健康状態によって様々なエサをブレンドして与えています。


季節や成長に合わせてオリジナルの飼料を用意

信頼できるブランドたまご

アマダ東京が、卵を仕入れの為にオススメするGood Eggは
新鮮・安全・安心の国際HACCPインストラクター
取得による、徹底したサルモネラ対策
「自社安全規格適合品」です。

環境づくり

ウインドレス鶏舎で徹底した環境づくりを行っております。

鶏たちを危険にさらしたくなにという気持ちから、鶏舎には窓がない設計をしました。

鶏たちが安心して暮らすためには、野鳥や害虫の侵入を防ぐことが重要と考えております。

環境づくり

機械にしかできないこと、人にしかできないことの役割分担

鶏たちにエサを与えたり、鶏舎の温度を一定に保ったり、新鮮なたまごを集めるなどなど…

機械にしかできないことがあります。

しかし、機械は鶏たちの健康状態まで把握することはできません。

健康状態は毎日スタッフが見回って確認しています。

定期的に行うサルモネラ菌のチェックもスタッフにしかできません。

機械のスピーディで正確な動きとスタッフの思いやりがひとつになり、
新鮮でおいしい卵が生まれます。

機械にしかできないこと、人にしかできないことの役割分担

鶏たちの健康管理は予防から定期検査まで

ワクチンで発病予防

ワクチンで発病予防

鶏たちの成長に応じて、丁度、人間のこどもが予防接種を受けるように、
鶏たちにもワクチンを投与します。病気は健康に育つうえでいちばんの天敵です。

サルモネラ菌チェックは2ヶ月に1度

サルモネラ菌チェックは2ヶ月に1度

定期的に鶏舎内のサルモネラ菌チェックを行っております。
また、きちんと専門機関に依頼して、検査を行うため、
より信頼性の高い検査結果を得ることができます。

オートメーション化

素早く丁寧に採卵して、エッグセンターへ。たまごはスピードが命なので、たくさんのことを、オートメーション化しています。新鮮なたまごをお客様の元にお届けするために、ここでは機械が中心の作業を行っております。

最新の設備だから実現することができるスピードです。

オートメーション化
オートメーション化

最新の設備だからこそ、実現することができるスピードなのです。さらに、エッグファーム、エッグセンターともに交通アクセスを考慮した立地となっているため、よりスムーズな入出荷が可能です。輸送ラックのキャパシティは1台で5040個。1時間で、たまご12万個の出荷準備が整います。

たまごの運送の際にも細心の心遣いを…

トラックには特殊な衝撃吸収装置、通称エアサスペンションが搭載されており、エッグファームとエッグセンターの間を繋いでいます。

更に、全てのトラックには温度調節機能も搭載しており、これは卵の品質管理において最も重要な温度を一定に保つためになります。

オートメーション化

人の衛生管理を厳重にしています

たまごの安全性を考える上で人の衛生管理は必要不可欠です。

入場時の衣服や履物はもちろん、普段の生活にも注意を払っています。

安全品質を高める

徹底的にたまごを検査して、厳しい基準をパスしたたまごだけが選ばれます

最新の設備による殺菌・選別および厳しい安全チェックを行なっています。

安全品質を高める

「原料卵保管」「洗卵」「検卵・選別」「パッケージ」という各衛生区分で作業空間を仕切り、衛生管理を徹底しています。その他にも、施設・製造工程内への入場を制限し、大切なたまごを守るためのシステムを確立しています。

安全品質を高める

たまごの安全品質を徹底的に高めるために行っていること

約2時間の掃除

安全品質を高める

エッグセンターでは、毎日の作業が終わったあとに徹底した清掃・消毒をします。フロアや機械の隅々まで衛生状態を維持することが、安全な卵づくりには欠かせません。

毎日の品質チェックはスタッフの手で

エッグセンターでは、毎日スタッフによる検査を行っています。 機械とスタッフで2重に検査することで、品質を管理しています。

スピーディ配送

お客様には生まれたばかりの新鮮なたまごを丁寧にお客様のもとへお届けします。前日にご注文いただくだけで、都内全域(一部除く)に農場から届いたばかりの生まれたてで新鮮な卵をお客様のもとへ配送いたします。また卵以外のお米や油等の食品も、同時に配送いたします。

スピーディ配送

自然とともに生きる企業として。

スピーディ配送

エッグファームには鶏糞回収システムが完備されています。ここで回収された鶏糞は、飼料としての再利用はもちろんのこと、燃料としての開発材料としても使われています。

災害時にも、機能を失わないように。

スピーディ配送

各エッグファームには、自家発電機能があります。災害時などの緊急事態の際にも、鶏たちを守るための機能を失わないように、万全の体制を敷いています。